HOME > デザイン 住宅に関するQ&ATOP > 質問「外国では住宅のデザイ...」

デザイン 住宅に関するQ&A「外国では住宅のデザイ...」 | 株式会社ヴィーヴル

質問

外国では住宅のデザインが何年経っても古くならい(味になる?)のが多いですが、日本の近年の(数十年前に建てられたであろう)一般的な住宅は素敵なものが少なく感じます。
例えば神戸や横浜、長崎等の外国人居留区にあるような住宅、教会などレトロで好きなのですが、例えば同じような建物を日本の住宅メーカーにお願いして建てて貰っても、洋館風みたいになりそうです。
何十年経過しても素敵な外観であるためのデザインって実際は難しいでしょうか?どういうデザインなら何十年経っても味わいのあるものであり続けることができると思いますか?注意する点や、参考資料等ご助言等よろしくお願いします。

投稿日時:2011/5/2 1:21

質問

まず日本の「気候・風土を尊重する事です」日本の田園風景に”神戸式の洋館が合いますか?”それと同じ様に、イギリスの片田舎に「伝統的な日本家屋」が合いますか?それと同じです。
社会はボーダレス化し、物や人まで自由に行き来しています。
しかし「気候風土と、そこから生まれた家の生い立ちまで変える事は、難しいのです」最近、屋根の出が無い片流れ鉄板屋根の「キュービズム」の住宅が増えています、日本の雨の多さから”不適切”と思われる物が増殖中です(多分10年すれば、陳腐化します)こう言う(目先の事しか考え無い、設計や販売が、すぐに古さを感じさせる元凶なのです)日本人は、日本家屋の良さに「気付くべきです」但し、今までの”隙間風たっぷりの家屋では、時代の要請(省エネルギー化)に対応出来ないので、ここは新旧の融合を計って「快適なのに、理にかなった家と住み方」そして、自分の身の丈に合わなくなった家は「売る」老後用の平屋の小さな家に「住み替える」こうすれば、イギリス並みに100年の家もザラになります、但し、メンテナンスはシッカリとしてください。

その他の質問はこちら

Web Services by Yahoo! JAPAN

サイトトップページへ