HOME > デザイン 住宅に関するQ&ATOP > 質問「注文住宅(木造在来工...」

デザイン 住宅に関するQ&A「注文住宅(木造在来工...」 | 株式会社ヴィーヴル

質問

注文住宅(木造在来工法)で家を建てることになりました 家のコーナー部分を一部ガラス突合せにしたデザインを依頼していますが木造はコーナーには柱が必要なのと、気密性が悪くなるので難しいと言われました出来るだけシンプルな外観を設計士さんにお願いしました希望は無印良品の<窓の家>千葉 学氏の<KAMAKURA S HOUSE>のような雰囲気です上記はどちらも木造です特に全体的に窓はサッシがないように見えるシンプルなものにこだわっていますが設計士さんからはRC工法ではないのでムリだと言われますそれか特注でつくるしかないと言われましたこちらから希望の外観の資料を渡しているのですが上手く設計士さん伝わらないのはなぜなのでしょうか?本当に特注でないといけないのでしょうか?もし、くわしい方がいればコーナー部分ガラス突合せの仕方やガラス窓の種類も含めて教えてください

投稿日時:2010/9/22 11:19

質問

木造在来でコーナー突合せ(方立無)ですと、設計上、構造強度の関係でNGであったり、ガラスの耐風圧の計算上サイズやガラスの品種に制限があると思われます。
また、ぺヤガラスはガラスどうしの突合せ施工がNGのため、単板ガラス(普通の1枚ガラス)に限定されると思います。
→気密性はペアガラス+ペアガラス用サッシとの組み合わせと比べると、当然低くなります開口部が大きくなるほど、ガラスの厚みが増すと考えてください。
大開口では強化ガラスの使用が望ましいのではないでしょうか?住宅用サッシでは過去に三協立山アルミに該当商品があったと思います。
調べてみてはいかがでしょうか?現在、住宅用サッシはペアガラス用のサッシが主流のため、廃盤になっている可能性があります。
そうなると、ビル用やRC用のサッシを特注する形になってしまいます。
全体的に窓はサッシがないように見えるシンプルなものとのことですが、トルテムのワイドウィン・オープンウィンがお勧めです。
私も何度か施工物件を見てきましたが、大開口で、リビングなどにつくと開放的な空間デザインが望めると思います。

その他の質問はこちら

Web Services by Yahoo! JAPAN

サイトトップページへ