HOME > デザイン 住宅に関するQ&ATOP > 質問「木造住宅で、外壁材を...」

デザイン 住宅に関するQ&A「木造住宅で、外壁材を...」 | 株式会社ヴィーヴル

質問

木造住宅で、外壁材をパワーボードにすれば今でも火災保険は安くなるのでしょうか?価格は同じでしたが、デザインでサイディングを選んでしまったのですが…教えて下さい。
よろしくお願いします

投稿日時:2011/8/3 9:25

質問

以前は住宅物件の構造級別判定がA・B・C・Dでしたが、現在はM・T・Hの3つになっています。
お話にある木造ALCは、以前ですとB構造に該当し、普通の木造サイディングやモルタル(C構造)より保険料が安かったのですが、現在は基本的に柱のみで判定しますので、外壁が何であろうと木造であればH構造となり、B級の時より保険料が高くなります。
ただ外壁がALCやサイディング等でも、耐火建築物、準耐火建築物、省令準耐火建築物に該当すれば、T構造若しくはM構造の料率が適用され、保険料も安くなりますので、建築確認書や設計図面等、または施工業者様へご確認下さい。

その他の質問はこちら

Web Services by Yahoo! JAPAN

サイトトップページへ