1. HOME
  2. ヴィーヴルコラム

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の取組みと公表

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の取組みと公表

ZEHとは、住まいの断熱性・省エネ性能を上げ、快適な室内環境を保ちながら、⾼効率設備等を使い、できる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支を、正味(ネット)で概ね「ゼロ」以下となる住宅。

我が国では「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。

株式会社ヴィーヴルは、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に向け、「平成28年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」が公募する「ZEHビルダー」に登録します。

ZEHビルダー登録にあたり、ZEH普及の目標を公表いたします。

平成28年度   ZEH 20%   Nearly ZEH 20%

平成29年度   ZEH 20%   Nearly ZEH 20%

平成30年度   ZEH 20%   Nearly ZEH 30%

平成31年度   ZEH 20%   Nearly ZEH 30%

平成32年度   ZEH 30%   Nearly ZEH 20%

以上の通り、平成32年度までに、新築注文住宅のZEH(Nearly ZEHを含む)50%以上を目標といたします。

追記 平成28年度 ZEH(Nearly ZEHを含む)実績の割合75%