1. HOME
  2. リフォームと建て替えのポイント

リフォームと建て替えのポイントをご紹介

戸建住宅の場合、リフォーム/リノベーションと建て替えどちらがいいのか迷ってしまうことがあると思います。新しくしたい部分がかぎられている、予算内で段階的に施工したい、できるだけ引越しや仮住まいをしたくないなどの場合は、リフォーム/リノベーションがおすすめです。ただし、建て替えてしまったほうがいい場合もあります。

リフォームと建て替えはどっちがいい?

簡単にまとめてみましたので、ご覧ください。もっと詳しく知りたいのでしたら、お気軽にヴィーヴルにご相談ください。

  • こんなときは リフォームがおすすめです
    • 予算内でキッチンのみなどピンポイントでの施工がしたい場合(工期も短期間。大がかりなリフォームでない場合は、引越しや仮住まいのわずらわしさがありません)
    • 建築基準法の建ぺい率や容積率の規制が建築当時よりも厳しくなっている場合(リフォームでしたら、広さをそのままに内部を新しくできます)
    • 慣れ親しんだ住まいを少しでも残したい場合
  • こんなときは 建て替えをしましょう
    • 土台や柱がシロアリに浸食されている場合
    • 地盤が悪く、家屋が傾いている場合
    • リフォーム工事費が新築工事費より高くなってしまう場合(建て替えの場合は、解体費用や2度の引越し費用、仮住まいの費用などがかかる点を考慮しましょう)

リフォーム/リノベーション時の注意

木造住宅の場合、壁や柱が構造・耐震上、重要な働きを担っていることがあります。そのため、むやみに壁を壊したり、柱を抜いたりしてはいけません。構造変更にかかわるリノベーションをお考えでしたら、必ず専門家にご相談ください。

リフォーム/リノベーションができる場合とできない場合

リフォーム/リノベーションにはそれぞれ基準を満たすことが必要です。注意点もご説明しますので参考にしてください。

屋根・外壁 防火・準防火地域内の場合は耐火構造にする必要があります。また風致地区内の場合は、色彩の基準を満たすことが条件です。
吹き抜け・
トップライト
屋根や建物の強度に支障がない範囲で設置可能です。
屋根裏収納 天井高1.4m以下で広さが2階の床面積の2分の1以下であればつくれます。
エクステリア エクステリアのリフォームは問題ありません。ただ、カーポートを設置する場合は、住宅が建ぺい率ぎりぎりに設計していると基準を超えてしまう場合がありますので注意が必要です。
玄関ドア 防火・準防火地域内の建物の場合は、防火戸にしなければなりません。
耐力壁の場合は、窓を大きくしたり、新しく窓を設けたりすることは難しいです。防火・準防火地域内の建物の場合は、網入りガラスにする必要があります。
水まわり 戸建の場合、給排水管も移動が容易ですので、比較的自由なリフォームが可能です。
間取り 構造に問題がない範囲で行うことが大切です。火気を使用する部屋の内装には定められた不燃材を使用する、シックハウスに配慮した内装材を使用するなどさまざまな考慮が必要です。
増築 定められた建ぺい率、容積率、高さ制限をクリアすれば増築できます。
ヴィーヴルの特徴

ヴィーヴルでは、リフォーム/リノベーションにあたって、お客様のご要望をしっかりヒアリング。現状を調査してリフォームがいいのか、建て替えが適切なのか、最適なご提案をいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。