HOME > デザイン 住宅に関するQ&ATOP > 質問「熱湯が出る機器が欲し...」

デザイン 住宅に関するQ&A「熱湯が出る機器が欲し...」 | 株式会社ヴィーヴル

質問

熱湯が出る機器が欲しい現在賃貸マンションで、引っ越したときに自分が便利だと思い、給湯器も付いていたのですが不動産会社の許可を得て、パロマの湯沸かし器を付けました。
100度近い熱湯が出てくれるので非常に便利で奥さんも最初は熱湯が出るのは危ないといっていましたが見ていると給湯器よりも湯沸かし器を使っているみたいです。
年内に2世帯住宅を建てることになりましてキッチンに湯沸かし器をつけたいと言ったところ、奥さん等に猛反対されています。
デザインが悪い...ただそれだけなんですよねなにか見た目のいい商品や、熱湯が出るような給湯器って無いのでしょうか?よろしくお願い致します

投稿日時:2008/4/30 14:09

質問

同じ給湯器の部類なのですが、専門的には使用目的や法律上の振り分けは異なります。
まず給湯器の場合、お湯の供給システムは、中央式と局所式の大きく二つに大別されます。
一般の家庭で使用しているガス給湯器は、局所式給湯器です。
さらに構造の違いから、先止め式と元止め式の二つに大別されます。
先止め式とは、いわゆる皆さんが良く知っているガス給湯器です。
元止め式が今言われている「湯沸かし器」です。
確かに見ると「湯沸かし器」ですが、列記としたガス給湯器です。
結論から言うと、普通のガス給湯器は法律により、最高温度の設定が義務付けられてます。
おおよそ最高温度は70℃を超えることはありません。
よって先止め式ガス給湯器のお湯を、100℃設定にすることはできませんし、当然改造も禁じられてます。
となると、元止め式ガス給湯器しか100℃のお湯を供給するシステムはありません。
一般に給湯管は銅管を使用し、またガス給湯器内部のボイラー部分も銅管をしようしてます。
(最近の集合住宅では銅管以外の材料を用いているところが多い)お湯を浴槽に溜めると、青色に変色しますが、これは銅イオンが溶け出している証拠です。
直接人体には影響は無いのですが、飲用には適してるとはいえません。
そこで元止め式局所給湯器(湯沸かし器)が飲用目的に幅広く利用されます。
この機種は、一般家庭に対してより、オフィスビルなどの流しなどに併設され利用されるのが主です。
その為デザイン性ですが、給湯器の性質と需要の関係からあまり重視されていません。
カッコ悪いと言われても、あれしかありませんので、奥さんが反対したところでどうにもなりません。
あとはノーリツ、リンナイ、TOTOなどのメーカーに特注するしか方法は無いでしょう。
その場合、給湯器の定価×3倍は最低でも覚悟する必要がありそうです。

その他の質問はこちら

Web Services by Yahoo! JAPAN

サイトトップページへ