HOME > デザイン 住宅に関するQ&ATOP > 質問「以前、2011年5月...」

デザイン 住宅に関するQ&A「以前、2011年5月...」 | 株式会社ヴィーヴル

質問

以前、2011年5月でしたが、当方の木造住宅の耐震補強の質問に対し、ご丁寧なお教えをいただき、厚くお礼申し上げます。
サイトの使い方、知識不充分で、お礼の返信もいたさず、お許し下さい。
その後、9月に、筋交い、構造用合板を利用した耐震補強をしていただきました。
壁倍率0.82と改善され、1.0以上を最終目標とする2段階耐震補強の1段階目の工事です。
愛知県、名古屋市の補助金給付の関係で、工法、材料が限定されました。
個人的には、制振工法、油圧ダンパーなどによる制振壁の設置、耐力壁部分の材料も、パナソニックのケナボード使用など、希望があったのですが、施工業者さんの設計で、筋交い、構造用合板、家屋のコーナー部分2カ所に、スポット(面積約1坪)的に鉄筋コンクリートのベタ基礎を施工していただきました。
反発抗力が強くなったためか、道路からの振動が強くなったような感じです。

投稿日時:2011/11/6 23:03

質問

御質問で御返事を頂き、丁寧にありがとうございます。
私は人のお役に立てれば、それで満足です。
大変申し訳ございませんが、質問の内容を覚えていません。
本業は耐震の金物の販売をしております。
幾分にも、耐震工事は、耐震材料よりもその手間代の方が高くつくことが多く、少しでも簡単な方法にすることにより、工事費を抑えることが出来ます。
また、制振工法、油圧ダンパーなどの特殊な耐震金物は高価で、しかもものによっては、壁倍率に計算されないものもあります。
実際に施工される職人さんの話を聞くと手間の掛かり方の違いの説明を受けられますが、下請けの職人さんから聞き出そうとしても、元請の迷惑になるため、金額や施工変更などの話はお施主さんにはしないという、暗黙のルールがあります。
何が一番いいかは、工事業者さんに頼り過ぎずに自分の目でいいものを見つけてください。
良い耐震工事になることをお祈りしております。

その他の質問はこちら

Web Services by Yahoo! JAPAN

サイトトップページへ